香川医療生協本部 〒760-0073 高松市栗林町1-3-24

医療への取り組み

1949年「誰でもが安心してかかれる医療機関をつくりたい」そんな医師や看護婦のあつい思いから、香川医療生協は誕生しました。「自分達で創る、私達みんなのための病院を」という精神は、今も受け継がれています。

私たちは、「患者の権利章典」を宣言し、患者さんが医療に主体的に関わることを基本として活動しています。私たち医療従事者は、患者さんと対等の立場で健康づくりをサポートするパートナーなのです。

「身近な看護が医療の質を決める」

看護師の立場で患者さんや地域と積極的に関わり、暮らしの中で健康づくりと地域医療をサポートします。

「医療を築くパイオニア事務」

多様化する患者さんの医療要求に応えるため、医師、看護婦をはじめとした各職種が平等に参加するチーム医療を重視。事務の視点から、円滑な医療活動のための助言を行います。

「安全・信頼を日々発信する薬剤師」

患者さんが主体の医療活動では、投薬の情報公開も明確に。作用も副作用も理解してもらうために、薬剤カードで説明します。

「自分らしく生き抜くことを支えるPT」

失われた機能を新たに呼び起こすリハビリ。再生の喜びを分かち合う時、患者さんとの間に信頼の絆が生まれます。