• 中
  • 大
香川医療生活協同組合 » カルテを開示しています

医療への取り組み

(1) 患者の権利を保障する

カルテ等当院が保有する医療情報を積極的に開示することによって、患者が自己に関する情報のコントロール権を保障し、また医療生協の「患者の権利章典」の「知る権利」「自己決定権」保証することをめざす

(2) 患者と医療従事者のよりよい関係形成へのきっかけにする

カルテ開示を積極的に行うことによって、インフォームド・コンセントをより充実させ、信頼関係を強化していくことをめざす

(3) 共同の営みとしての医療の実践のための重要な保障とする

医療現場での実績を、患者と医療従事者との共同の営みとして取り組むことをめざす

(4) カルテ開示によって医療の質の向上を図る

カルテ開示により、根拠にもとづく医療をいっそう真摯に追求し、医療内容の質的向上をめざす

1.病名記載について
告知を原則する。診断確定後、本人の意向にそって告知し、カルテに病名を記載。なお、悪性腫瘍を疑って検査する場合は鑑別のため検査を行うために必要な「疑い病名」を記載していることを告げ、了解を得ること

2.すべての記録には記録者のサインか印を押す

3.カルテ記載内容に患者から訂正の申し入れがあった場合
その月日の時点で医師記録欄または看護記録欄に訂正してほしい旨があったこと、またその内容を記載する

4.非公開文書について(保管方法は今後検討)
開示の同意を得られない紹介状や返書、開示を拒否したものについてはカルテの医師記載欄に例えば”紹介状あり”と記載し別の保管する。(保管方法は今後検討)
また、非公開文章がある場合は例えば「サマリーあり」というように同じように記載する

5.患者の意向調査
告知するかどうか意向調査を慢性疾患患者を中心に順次実施する。なお、意向については最新の日付のものに従って対応する

 

カルテ開示の具体的なご相談やお問い合わせは、各事業所にお問い合わせください。