香川医療生協本部 〒760-0073 高松市栗林町1-3-24

20150902-1初めて、この反省会に参加しました。

よく横を通るお店の方ばかりですが、ゆっくりとお話をする機会となりました。顔見知りの組合員さんといっしょにすべてのテーブルをまわり30枚ほど準備した名刺がすべてなりました。

さすが平和病院のお膝元。平和病院玄関の花瓶はうちからのお買い上げというお店の方や、職員行きつけの理髪店の方、ベテラン職員を若いころから知っているなど、話題には事欠きません。

これから、この地域のまちづくりにとりくむ自治体担当者ともお話ができ有意義な時間となりました。いろんな場でのご縁を支部のとりくみに少しづつつなげていければと思います。

(橋本)

20150902-3戦争法案阻止へむけ、「国会10万人、全国100万人」の大行動が30日(日)に全国で展開されます。

高松では、戦争いやだデモで田町交番前からJR高松駅にむけて大勢の皆さんが歩きます。
前日の土曜日にも、大行動に連帯して各地で様々なアピールの行動があります。

三越前では、「みんなの健康9月号」で藤原理事長と戦争法案について懇談した 香川県弁護士会の馬場基尚会長と香川大学元学長の近藤浩二さんが訴えを行います。

また、17時から南組合員センターで開催される「はーもにーまつり」では、プラカード宣伝や「戦争法案NO!ひとことカード」のとりくみが予定されています。ぜひ、足を運んでみてください。

昨日、9月ブロック会議のトップをきって高松南ブロック会議が開催され、9/1からの全国一斉大規模宣伝について話し合われました。

南ブロックでは、朝8時から当面1週間毎日、仏生山マルナカ前とはーもにー前で「アベ政治を許さないプラカード宣伝」を行うことになりました。昼間は暑いので、朝の出勤、通学の皆さんにアピールしようというものです。

あわせて、8月29日(土)のはーもにーまつりでも会場にプラスターのデコレーションを立てかけようとか、参加された方に「一言カード」を書いてもらいパネルに貼り付けようとか いろんなとりくみが決まっていきました。

引き続き、各ブロック会議が開催されていきます。

ぜひ、事業所とブロック・支部が協同で元気の出る一斉宣伝行動を繰り広げましょう。

20150902-2コープ歯科まるがめ駐車場前にて8月20日の16時30分から30分間、戦争法案反対プラスター宣伝行動を職員全員で行いました。

プラカードを見ながら走っている人も多く、手を振り替えしてくれるおじさんや会釈をしながら通るお姉さまなど、人それぞれの反応でしたが、皆さん興味のある事なのか以外に沢山の人が目にとめてくれたようです。コープ歯科まるがめでの宣伝行動は、おそらく初めてのことでは無いでしょうか、プラカードの後ろに顔を隠しながらも、手を振りながら一生懸命に宣伝行動をしていました。

続けて宣伝行動を続けて行きます。コープ歯科まるがめも頑張ります。

関居

19日(水)は鬼無支部の運営委員会でした。一通り今月の報告事項を終え、いま国が進めようとしている地域包括ケアや、それに伴い医療生協の支部の役割も少しづつ変化している事などお話しました。

鬼無支部は手配りさんも少なく、大多数を支部長が配っている状態です。支部行事もほとんど行っていないので、

手配りを増やし
支部の行事を行い⇒医療生協の知名度や存在感をアップすることが大切ではないかと常々担当として考えていました。

その手始めが、6月の平和行進のお接待に繫がり、運営委員さんの笑顔を見ることができました。支部で何かを行う経験ができたことが功を奏したのか、9月には鬼無支部独自で、西ブロックで企画した「チャレンジ応援体験講習会」をコミセンで行おうという事になりました。「機関紙にチラシを入れただけでは来ないよね、声をかけないとね!」とも話し、さてさて何人集まるか?楽しみです。手配りさんも、声をかけてみると運営委員さんが引き受けてくれ、1人ゲット!運営委員家族も2人加入してくれる事になり、この日は私にとってすごい成果!とても嬉しい1日となりました。

こうした積み重ねで、支部長さんや運営委員さんがすでに持っている人脈の中に医療生協という言葉が浸透して行けば、組合員数300人の鬼無支部は顔の見える、助け合える地域に一歩近づけるのではないかと思います。

「健康をつくる。平和をつくる。いのち輝く社会をつくる」を掲げる医療生協の本気度が問われています。

組合員さんからも、「医療生協の職員や組合員の動きが、社会一般より鈍いのでは?」とのご指摘がありました。

全国の医療生協の元気な取り組みがどんどんニュースで入ってきています。下記の「ひと声カード」が職場や支部に提起されています。
大いに活用しましょう。

9/1(火)~14(月)法案成立阻止全国一斉大規模宣伝が予定されています。
事業所と支部が協力して大いに目に見える行動を広げましょう。

20150825

9/1(火)~14(月)  全国いっせい大規模宣伝

全世界に惨禍を招いた第2時世界大戦が終了して70年目の8月15日。

皆さんはどう迎えられましたか。

14日に発表された「安倍談話」は、「侵略」「植民地支配」「反省」「お詫(わ)び」などの文言がちりばめられていますが、首相自らの歴史認識を言葉としては語らないという欺瞞(ぎまん)に満ちたものとなりました。

さらに日本が「国策を誤り」、「植民地支配と侵略」を行ったという過去の歴代政権が表明してきた歴史認識と立場を事実上、投げ捨てるにひとしいものであり国内外のきびしい批判を招くものとなっています。

8月6日に「平和へのあゆみを止めることなく」~70年目の8.15に~と題した医福連会長談話が出されています。組合員の各支部・ブロックでは、読み合わせとともに9/1~14の宣伝行動を各エリアで具体化します。

各事業所、地域の各団体との協同を大きく広げて戦争法案の成立を阻止しましょう

高松南部商店連合会  歩行者天国大縁日で賑わう

香川医療生協では、各事業所を中心に(名称はさまざまですが) 健康まつりが開催されています。

高松平和病院は、開催スペースの関係もありますが、まさにお膝元の商店街のお祭りに、健康まつりが合流するという形で開催されてきました。

昨日は、18時に蓮井院長も参加してテープカットが行われ例年を大きく上回る人手で、各職場や支部から出された18の店舗や健康チェックコーナーは大勢の
人出で賑わいました。虹の里の利用者さんも車イスボランティアさんと一緒に楽しく参加されました。

20150825-2

20150818-4

みき診まつりでの満天太鼓演奏のようす

毎年、高松まつりの前夜祭として平和病院の地元栗林・藤塚商店街を中心にした南部商店連合会の主催で「歩行者天国 夏祭り」が開催されます。

今年は、はじめて最初の実行委員会段階から参加させてもらい、企画面での提案などもさせてもらっています。今年のオープニングは、みき診療所のまつりで活躍している「満天太鼓」さんが初登場します。

その後、蓮井院長も参加してのテープカットで幕を開けます。各職場からの参加は、初参加の栗林公園前薬局含め18店舗の出店となっています。

暑い中ですが、楽しみながら、地元の夏まつりを大いに盛り上げましょう。