香川医療生協本部 〒760-0073 高松市栗林町1-3-24

01
 コープ歯科まるがめ診療所の2階でこども夏休み宿題塾がスタートしました。参加する子供たちは6名です。
講師の先生は、4名登録内、毎回来てくれるのは2名です。見守りボランティアは8名登録がありました。

 10時に塾長の砂田先生から開校のあいさつがあり、高木理事から子供たちに注意点などお話をして自己紹介が終わりスタートしました。しかし、子供たちのパワーはすごいです。あちらと思えばこちら、大騒動でした。何とか1時間半が過ぎて、次回は自分は何を持ってきて何をするか、お約束をして終わりました。

 今回の取り組みは、子供たちも、先生や見守りボランティアも募集をしてあつめました。ポスターを見て19歳の学生が1番に申し込んでくれました。8月からの参加になります。30代のママさんは9か月の子を預けて参加してくれました。講師の元教員が、なかなか見つからず、我が息子が中学時代にお世話になった先生を頼っていくと快く引き受けてくれて助かりました。後1・2回参加してくれる元教師もいます。ほとんどの方が医療生協とはつながりの無かった人達で、医療生協とは、こんな事もするんだと初めて知ったそうです。これからも、つながりが途切れないようにしていきたいと思っています。

(組合員活動部 中西讃ブロック担当 関居京子)

東讃ブロックの組合員さんの居場所、mikiカフェが1周年を迎えました。

8:30早朝各支部の組合員さん有志が準備に来られます。

うどんの出汁は、田中支部の宮井さんがいりこの頭を除けたものをじっくり煮込んだ絶品です。
ケーキは、平井支部の配食弁当をされている六車さんが10ホール40個分を作ってくれました。

10時前から東かがわ市の障碍者の作業所の皆さん18名も体験してくれたり、骨折をして班会を半年以上お休みしていた組合員さんも顔見せしてくれたりと笑顔が絶えません。

今日は、最強の助っ人として、丸亀から運営委員さんの孫の莉愛(リア)さん小学2年生が、ウェイトレスとしてお手伝いに来てくれました。

その姿を神様も見守っているせいか、くじ引きの1等賞歯磨きセットが当たり、夏休み「キッズチャレンジ」に取組む予定です。。

7月30日(土)の東讃ブロック組合員交流集会の131名参加を控えながら、無事1周年が終了しました。お疲れ様でした。

(組合員活動部 東ブロック担当 岸本大助)

香川医療生協・高松南組合員センターの「はーもにー」では、夏休みの子供たちにいろんな体験をしてもらおうと、今年も第12回夏休みこどもクラブを開催してます。

第1回目は、綾川町のイオンの映画館に27名で行ってきました。

2回目の26日(火)は太田「はーもにー」で昼ごはんのかわりに外で流しそうめんと午後は科学実験(マジックの中身)やゴム鉄砲づくりを3班に別れて行いました。

これからも仏生山体育館や平和病院探検と8月は防災センターへも見学する予定です。

(組合員活動部 南センター担当吉尾)

20160727

高松西ブロック・一宮支部では、昨年度から健康づくりセミナ―を隔月で開催しています。

今回は今年の10月から高松市の新しい地域支援総合事業が始まるのを見越し、「私たちの介護保険と地域包括ケア」と題して老人介護支援センターほのぼののケアマネ西村さんと河野さんを講師で、1時間30分の学習と質問でみっちり学習しました。

なかなか聞き慣れない介護サービス内容や地域密着型サービスなど専門用語がどんどんお話の中で出てきましたが、今日の四国新聞に出ていた「介護保険サービスが縮小検討」という記事が出ていたのか、みなさん非常に関心が高くて、組合員以外も含めて20人の参加者があり、いろんな質問がどんどん出てきました。

次回も介護保険の変わる内容を教えてほしいとの要望が強く、1回のみでなく、何回かのシリーズに分けて、わかり易く講座を開催していきたいと考えています。

(高松西ブロック担当  岡田元彰)

20160722-2

中央ブロックでは昨年、全支部がニュースを発行してキラキラ発信をしようと計画しました。
20160722
そして1年経ち現在では9支部中8支部がほぼ毎回発行できるようになりました。支部の情報や班会の様子楽しかったことなどはもちろん、困っている事も発信します。

全ての支部ニュースに「手配りさん大募集」のコーナーを作って地図作りと並行しながら新手配りさん拡大に力を入れてきました。

今年の城内支部の総会で一人の女性が最後まで残って下さって「あのー、ここに書いている手配りをしたいんですけど」と支部ニュースを持って話しかけてくれました。

その方は「2年前にくも膜下出血で協同病院に入院し歩けるようになったことがすごく嬉しかったんです。

それから息子が小さい時にはアトピーで大変お世話になりました。」と言ってくれました。

後日電話で声を掛けていただいてすごく嬉しかったこと、運営員みんなが元気をもらったことをお伝えすると「こちらこそ。やっとお返しができる時が来たとおもって嬉しいです。」とまたまた沢山の元気を頂きました。今この様な関わりが持てた事、携わっていただいた職員に感謝です。

(中央ブロック  橋本宏美)