香川医療生協本部 〒760-0073 高松市栗林町1-3-24

8月27日(土)南センター・はーもにー駐車場にて10回目の夏祭りが開催されました。

9支部の組合員の方々のご協力で、今年もたくさんの出店で賑わい、またオープニングはエンジェルバトンのダンスチームが花を添えてくれました。

その後のゲーム大会では飛び入り参加の子供たちが、パンくい競争や借り物競争など熱戦を繰り広げ、大人たちを楽しませてくれました。

あいにくの曇り空でしたが、130名程参加して下さり、たくさんの方々のご協力のもと無事に楽しく終えることができました。ありがとうございました。

(組合員活動部 南ブロック担当 進藤)

01 02 03

今年もゴーヤが採れました!

goya2

 

毎年、組合員さんと共にグリーンカーテンとしてゴーヤを植えて育てています。

今年は収穫できたゴーヤを待合に置いて差し上げております。

運が良ければGETできるかも!!

 

善通寺診療所 事務

8月16日(火)まだまだ残暑が厳しい中、みき診療所は初めての患者さんが診療所を訪れています。診療所も人手が少ない中、事務長ができるだけ地域に明るい街づくりを合言葉に、健康チェック活動に積極的に取り組んでいます。本日は、さぬき南支部、白山支部、訪問看護、事務が健康チェック担当です。

コープかがわ・三木店の中の2つの運営委員会で、生協強化月間の取組について懇談できたらと考えています。
将来、コープかがわの運営委員さんを卒業した人や、香川医療生協を退職された職員が、地域のことを考え、もっと発展させてくれる担い手として増えたらと考えながら、地域訪問を行っています。来月の10/29(土)の健康祭りも一緒にPR活動を行っています。

(組合員活動部 岸本大助)

0102

PDFで全内容(8ページ)を見る(4.2MB)
※表紙画像クリックからでもご覧いただけます。

1P
かかりつけ医、もってますか?
2P〜3P
協同の力で、いのち輝く社会をつくる
4P
日本脳炎ワクチンは
生後六ヶ月から受けましょう
5P
膝の体操 体つくり隊
おたのしみクイズ
6P
読者だより
7P
「だれの子どももころさせない」
この思いでつながろう
8P
診療案内

PDFで全内容(8ページ)を見る(4.2MB)
※表紙画像クリックからでもご覧いただけます。

今日は、登校日の子達もいて、人数が少なかったので、土器川へ行って生物の観察をしました。

一応、塾なのでプリントを3枚ほど用意して置いてそれが済んだら行くという事にしていました。4回目になってやっと子供達も落ち着いてきて、学習をさっと終わらせてしまいました。いつも勉強なんかしなくて暴れまわっていた子もさっと済ませて、みんな着席して、土器川へ行く前に注意する事を説明しましたが静かに聞いていました。歩いて川に行く時も注意し、良く守り先生の前に出ない、最後尾の先生の後にならない、到着すると、30分の自由行動は範囲を守る。解らない生き物を見つけては、先生これは何と聞いて楽しそうでした。先生、この石は割れるんと石を探してきては、カチンと割り、驚きの声をあげていました。

最初は、どうなることかと心配しましたが、最後には皆、落ち着いて着席出来て、川にも安全に行くことが出来て子供達の変化には本当に驚きました。

(組合員活動部 関居京子)

8月13日(土)高松で花火大会が行われているとき、三木町小蓑地域では、地域の限界集落の町おこしで、地元の三木高校が企画支援を行いながら夏祭りが開催されました。地元小蓑米で作ったスムージーや獅子肉どんぶりを、男女素敵な浴衣を羽織り販売。
20160823
その中で、毎年組合員さんと職員とで「まちかど健康チェック」を行なっています。和やかな雰囲気の中、獅子舞の方も健チェックに参加。
健康チェックだけではなく、9月号みき事業所便りも配布しました。

インタビューに、藤本事務長「高齢になっても安心して地域に住み続けられるまちづくりを支援していきたい」と、生協みき診療所の変化のお話しをPRしました。

地元の組合員さんも高齢化に悩みながらも、前向きにイベントに取組まれています。担当としてもぜひ応援していきたいです。

(組合員活動部 東ブロック担当 岸本大助)

中央ブロックでも8/2「夏休み宿題・ふれあい教室」を開催しました。前半は宿題、後半は隣接するデイに移動しキッズヘルパー体験をしました。学習ははーもにーこどもクラブの卒業生から80代までのボランティア先生がやさしく教えてくれました。またデイではたこ焼きパーティーを企画していただき楽しい時間が過ごせました。

子供たちがうかがった瞬間の利用者の表情の輝きがすごく印象に残りました。子供たちの感想には「おはあちゃんがいっぱいいて嬉しかった。おじいちゃんが優しかった。」「また来年も参加したい。」などがありました。医療生協らしさを重視した多世代が交流する子育て支援として大成功だったと思います!次年度は全県で展開できるよう発信したいと思います。

(組合員活動部 中央ブロック担当 橋本宏美)

04 06

018月4日、中西讃ブロックより2名、丸亀より1名が坂出駅から広島の原水爆禁止世界大会に出発しました。飯山支部から参加してくれた方は、ボランティア委員会でも活躍してくれ、善診カフェでも活動してくれています。

丸亀原水協が代表で参加してくれた17歳の男子は、昨年のコープ歯科健康まつりで元気によさこい踊りを披露してくれた子です。彼は6日の夜に坂出に付くとそのまま、衣装に着替えて坂出まつりで、よさこい連で大きな旗を振るそうです。その後、高知でよさこい祭りでも、旗を振るそうです。香川では一番大きな旗を連長さんが、彼のために作ってくれたそうです。

コープ歯科健康まつりでも、自分は何も出来ないけれど、平和を願う気持ちを踊りに変えて一生懸命踊りますと、言っていただきました。これからも核兵器廃絶と平和運動の後継者として期待しています。

(組合員活動部 中西讃ブロック担当 関居京子)

02 03

0804-3
過去最大規模の総勢129名で、東讃ブロック組合員交流会が、7月30日(土)大川オアシスにて、開催されました。

まず準備に当たっていただいた事務局、実行委員様に感謝です。会場に入りきるかどうかと心配でしたが、なんとかなりました。

午後からの昼食交流会の時間を詰めていただき、機関紙の見守り活動や手配り率向上に向けての方法、支部での後継者問題など困ったことを相談し、各支部での自慢話やお楽しみ抽選会で最後は盛り上がり終了しました。

(組合員活動部 東讃ブロック担当 岸本大助)