香川医療生協本部
〒760-0073 高松市栗林町1-3-24

体に何らかの障害が残り、日常生活に介助が必要な状態で退院になると、退院後もリハビリの必要性が出てくると思います。リハビリにも色々な方法がありますが、様々な疾患を合併している場合に、訪問看護ステーションからの訪問リハビリを選択する場合もあると思います。

 

そんな利用者様には、リハビリだけでなく看護師の訪問もおすすめして欲しいと思います。長く在宅療養を続けるためには、障害や日常動作(リハビリ)だけでなく、看護師が日頃の体調管理のためのアドバイスをする事が大切だと考えています。そうすることで、体調が悪い時に早期の受診につなげる事が出来るのです!

 3/3桃の節句に向けて、皆さまと一緒にお雛様を作りました。

 先月の絵馬がお雛様に変わりました。

 

訪問看護師となって思った事

看護師:山下 眞弓

急性期病棟から訪問看護に異動し3年が過ぎました。 訪問看護は24時間対応の緊急当番携帯があること、人数の少なさ、1人で判断するなどデメリットがよく言われますが私なりに思ったことがあります。訪問看護の目的は治療ではありません。疾病を抱えながらでも住み慣れた家で居心地良く暮らすことを援助していくことです。

パスやマニュアルはなく1人1人にあわせたケアが必要となります。 病棟で決められた業務をこなす日々が続き心身共に疲れ切った私にとっては新鮮な学びがたくさんありました。また患者さんが自宅で最期を迎えることを希望した時、家族の方と一緒にお手伝いをすることもあります。日々の訪問でケアを行いながら最期を迎えた利用者さんの表情はとても穏やかでした。

独居であっても自宅で最期を迎えられた方は眠るように息をひきとりました。 エンゼルメイクを行い生前、愛用していた服をきた姿は静かで綺麗な姿でした。 大変な事もありますが命の尊さとともに後悔なく生きる事の大切さを教えていただいたと思っています。

PDFで全内容(8ページ)を見る(6.4MB)
※表紙画像クリックからでもご覧いただけます。

1P
要注意!!花粉飛散中。
対策と治療はお早めに
3P〜3P 今年度、地域で取り組んだ
多彩な「居場所づくり」「助け合い活動」
4P
連載
診察室だより
第二回 口臭気にしていますか?
5P
福祉用具についてご存知ですか?
体つくり隊19
6P
読者だより
7P
診療案内
8P
ノーベル平和賞ウィーク」オスロへの旅
〜ピアノ平和大使 
 好井敏彦さんからのメッセージ〜

PDFで全内容(8ページ)を見る(6.4MB)
※表紙画像クリックからでもご覧いただけます。

2月14(水)11時から12時まで太田のムーミにおいて、「虹のバレンタイン行動」を行ないました。

太田南支部と太田支部、香川町支部から平和社保委員会のメンバー9名が参加していただきました。高松市こども医療費中学校までの無料化署名とヒバクシャ署名の2種類を店の前で買い物に来ている主婦を中心に取り組みました。署名をするみなさんは「高松市のこども医療費はもう中学校まで無料じゃないの」と聞かれる場面も多く、中学校の通院医療費がまだ無料化できていないこと、香川県で高松市が一番遅れていることを知られていないことが解りました。1時間のバレンタイン署名行動でしたが、こども医療費95名とヒバシャ署名34名の署名が集まりました。

(組合員活動部 高松南ブロック担当 進藤 忍)


PDFで全内容(2ページ)を見る(1.8MB)
※表紙画像クリックからでもご覧いただけます。

 

 

1月12日(金)10時から「はーもにー」2階において

「防災と危機管理」の学習会を行ないました。講師は太田南コミュニティ協議会・防災部会会長さんにお願いしました。

危険とは事故、自然災害、テロの3つあるが、防ぐことのできる場合については、「日頃の生活スタイルの改善にあるとのこと、ご近所同志の挨拶や声かけ、徒歩での近所付き合いからまず、取り組むことが大切です」との話でした。人間関係づくりという点で安心、安全、防災、危機管理を地域で学習することが必要だと思いました。これからもいろんな居場所の中で学習会を拡げてゆきたいと思います。

(組合員活動部 高松南ブロック担当 進藤 忍)

高松南ブロック
毎月第3木曜日の午前9時半から太田南組合員センター2階でママカフェを開催しています。

今回のメニューはお手製しょうゆ豆と大根・胡瓜・りんご・ハム等の7種の材料で作ったサラダが好評でした。そしてコーヒーは焙煎専門員のみなと支部・森永支部長さんが指導しながら美味しく淹れて下さいました。新鮮野菜やパン、切り絵、手芸のバザーと子供達も大賑わいでした。今回から喫茶風にクラシック音楽を流したところ、コーヒーをお替りする方もでてきました。

来年の1月は第3木曜日と第4木曜日の2回の開催で、2回目のメニューは赤飯と芋煮とお茶の和食20食の予約となります。

また、1月18日(木)11時から平和社保委員会主催で「憲法カフェ」にも取り組む予定です。

(組合員活動部 高松南ブロック担当 進藤 忍)

PDFで全内容(8ページ)を見る(4.9MB)
※表紙画像クリックからでもご覧いただけます。

1P
虹の里でドッグセラピー‼︎戌年はボクの出番。
年頭のごあいさつ

2P
9/25〜11/30
生協強化月間
こんな取り組みをしました
生協強化月間で 五一二名が新たに加入されました !!

3P
股関節痛のある人の日常生活の注意点
体つくり隊18
4P
小豆島で 、居場所「どんぐりころころ」オープン
思いはどんどん伝わり、ついに形になりました
5P
連載
診察室だより
第一回 唾液ってスゴイ !!
6P
読者だより
7P
診療案内
8P
うちの自慢の新春作品

PDFで全内容(8ページ)を見る(4.9MB)
※表紙画像クリックからでもご覧いただけます。

11月25日(土)生協みき診療所健康祭りが、三木町農村環境改善センターで総勢191名の参加で行われました。今年の特徴は、天候に左右されない屋内会場で組合員・職員・保育所・一般の方が楽しみながら健康祭りに、運動も兼ねて参加しています。満天太鼓、三木フラダンス、笑いヨガ、氷上保育所児童によるダンスと歌から始まり午後には、支部紹介、詩舞、お江戸ちょいちょい節、お座敷小唄、リハビリ体操、日本舞踊、体操と盛りだくさんのプログラムを行いました。コープかがわ三木店植松店長さんも駆けつけていただき、まちかど健康チェックのPRをいただきました。お疲れさまでした。

(組合員活動部 東讃ブロック担当 岸本 大助)