香川医療生協本部 〒760-0073 高松市栗林町1-3-24

PDFで全内容(8ページ)を見る(5.2MB)
※表紙画像クリックからでもご覧いただけます。

20160404-01 1P
「熊本の医療・仲間・地域を守る」
20160404-02 2P〜3P
支部総会
今年もやってみよう
健康チャレンジ
新たなつながりづくりに挑戦!
禁煙川柳発表!!
20160404-03
20160404-04 4P
ご用心!「いつのまにか骨折」
「健康寿命」をのばしましょう!
20160404-05 5P
膝の体操
おたのしみクイズ
20160404-06 6P
所長交代の御挨拶
20160404-07 7P
選挙に行こう!
20160404-08 8P
診療案内

PDFで全内容(8ページ)を見る(5.2MB)
※表紙画像クリックからでもご覧いただけます。

四国4県が持ち回りで開催し、原水爆禁止世界大会よりも歴史のある同大会は、原水爆禁止世界大会の成功をめざす学習の場として位置づけられています。各県の工夫をこらした文化行事や、四国各県からの活動や情勢の報告や学習企画などがあります。

サミットにあわせて、オバマ大統領が広島を訪問したことは、前向きな変化ではありますが、核兵器のない世界をめざした各国の具体的な行動の変化に結び付けていけるかどうかが大切です。とりわけ日本は、安倍政権が強行した「戦争法」を廃止し、核兵器の使用をも前提としたアメリカの核戦略に対してはきっぱりとNoの立場をとることが求められます。

いま、熱い参議院選挙が戦われています。被爆国日本の確固とした立場を体現できる政権が今ほど求められているときはありません。この歴史の岐路に立つ今年の四国大会に香川からは、事業所から2名、地域の組合員が8名の10名参加します。

(組合員活動部長  奥谷啓一)

みんなの力で、戦争法を廃止させ、憲法を大切にする政治を取り戻そう。の1点で香川県内の野党はすべて1本にまとまり、広範な市民との共同が広がっています。

私たち、医療生協や民医連の活動は、突き詰めるところ憲法を医療や介護そして生活の中に具体化し活かす運動です。小林節 慶応大学教授の言葉を借りれば、「憲法を無視し、権力者が思いのままの手順で政治を行うことを独裁政治と呼び、今までは、自分の権利や自由そして、命が脅かされる段階になって国民は後悔し、あの時が時代の分かれ目だったと振り返ってきた」とのことですが、今回は違います。今がんばれば、新しい日本への希望が見えてきます。

鶴尾地区の老人クラブ連合会会長さんなどが、野党統一候補となった「たなべ健一」さんのビラを屋島で3000枚配ってきた。民進党の小川淳也代表が「いま、30人がビラ配布に出発した。がんばろう」のメッセージを寄せるなど大奮闘が一気に広がっています

本日、12時に三越前で4野党の代表が揃って訴えをします。香川での野党+市民連合の勢いを決定的にする瞬間です。ぜひ参加可能な方は、足をお運び下さい。

(組合員活動部長  奥谷啓一)

四国学院大学生協の学生委員会とコラボで開くようになって10年

20160613
毎年、担当の学生は、変わっていきますが、学生委員会の中で代々受け継がれてきています。
今年の担当学生は、まず自分達で企画書を作って1か月前に訪ねてくれたことに驚きました。期待大です。今年は、禁煙だけでなく一人暮らしで食事が偏っている学生にも健康に興味を持ってもらえるように、食育にも取り組みました。食育に付いてのクイズラリーで食事の大切さを訴える工夫もしました。
健康チェックも自分達だけでも出来るように当日までに2回の研修日を設けました。食育についても医療生協からアドバイスできる事なども学習して自分達で当日、配るリーフレットを作成しました。

禁煙関係ですが、喫煙者はスモーカライザーで計測しても過去最悪の28という値が出ても、肺がどれだけ汚れているか、人に迷惑をかけているか、まったく自覚のない事に驚きました。家族に喫煙者がいる子は6という値に憤慨して「お父さんに、この検査結果を突き付けて禁煙を迫る。吸っていない私が迷惑する」と息巻いていました。禁煙デーが終わり1週間目にまとめと感想を持って訪ねて来てくれました。今年は、学生スタッフ15名、医療生協7名で参加者78名でした。

来年がまた楽しみです。

(中讃ブロック担当   関居京子)

みんなの健康7月号は、本日第3校に入りあと一歩です。校正にご協力いただいている皆さん、よろしく御願いいたします。

5月号に寄せられた75通の返信のおたよりシリーズ第2弾です。

現在、送迎車で月2回 近くの「はつらつ介護予防教室」を利用しています。
制度改正があるようですが、継続を希望しています。
内容と時間が私にはジャストフィットしています。

【高松町 76歳 男性】

座ってできる腰痛体操が新聞に掲載されていたので88歳もすぎ腰が弱ってきたので
毎日しています。

【さぬき市 88歳 女性】

みんなの健康 楽しみにして隅々まで読み、年配の方にもわかりやすく話しをしています。
特に骨粗しょう症による骨折の話など。

【福岡町 74歳 女性】

笑いヨガにはじめて参加。声を出して笑ってみると何か楽しくなっていつの間にか笑顔に。
暗い気持ちが吹っ飛びました。

 【丸亀市 61歳 女性】

「訪問介護」に関心があり、これからの高齢化社会には必要です。
平和病院でのしくみなど教えて下さい。

 【太田下町 64歳 女性】

(組合員活動部長  奥谷啓一)

みんなの健康7月号を現在作成中ですが、5月号に75通の返信のおたよりが寄せられました。また、禁煙川柳の応募をよびかけたところ、26名の方から69句ものの応募が寄せられました。5月号に寄せられた組合員からのお便りを2通ご紹介します。

おばあちゃんと犬が散歩していたのを見ていたご近所の方が、「ここ2~3日、犬だけが散歩している。おばあちゃんに何かあったのでは」と心配して民生委員の方に連絡して様子を見ていただいたところ、「お元気でした」との電話。
皆でよかったと・・・ホッとしました。ご近所見守り隊は必要ですね。

【さぬき市 68歳 女性】

手配りさんをはじめて3年。主人が配ってくれたり、私が配ったりしています。
「ひさしぶり、元気なん?」ささやかな会話が弾みます。皆さまが元気でいられますように。

【三木町    歳 女性】

201606

(組合員活動部長  奥谷啓一)

今年の国民平和大行進が県内に入り、初めて天気予報どおりの雨。

本日の参加は、国公労祖建設・全法務・全労働の人たちで全部で12人になりました。
徳島県への引継式では、香川県を代表して、松尾修国公共闘会議議長が挨拶。
松尾議長は核兵器廃絶をめぐる情勢の中で、35年間の平和行進に参加したが、廃絶めざしこれからもがんばりたいと決意表明しました。

【2016年香川県国民平和大行進の概略】
日程:5月22日(日)~6月5日(日)
行進自治体と激励首長:行進自治体は1県8市9町
激励首長:東かがわ・さぬき・丸亀(副)・坂出(副)・琴平町
綾川町・直島町・三木町・多度津(副)

その他は首長メッセージを代読

署名数:55筆 参加者数:521名 

今年の特徴
DVD「一歩でも二歩でも」の上映会を契機に取組みの幅を広げた上映会は県・丸亀市・新婦人・民青・医療生協・協同病院・民医連労組等です。今後も拡散します!

「一歩でも・・」に学び「原爆の火」を先頭に行進し、各自治体の首長が大きな関心を持ってくれました。みなさん本当にお疲れ様!さあ選挙で「戦争法撤回」に向かってがんばりましょう!!

雨の中での、徳島への引き継ぎ式でした。

雨の中での、徳島への引き継ぎ式でした。

(平和社保委員会  福井利夫(組合員))

大内支部の田中、引田・白鳥の東本支部長と一緒に、地域包括ケアシステムの総合支援事業担当者と懇談。

今年の支部総会のゲストに招いた後、継続的に対応していたことが実りました。香川医療生協の取組みについてお話した後、社協の取組みの方向性についてお話しいただき、お互いに協力できるところは、していきましょうということに。社協さんは、健康チエックサポートができる支部の方に興味を持っていて、自治会のサロンと医療生協の橋渡しの希望がありました。

今後良い展開になればよいなと思いました。
0606 0606-2

(東讃ブロック担当  岸本)

毎年好評の直島町は芸術の島、だけではないのです。

核兵器廃絶国際署名が目標としてる人口の10%を3町で最初に達成した町なのです。この日も14名が参加しました。福祉でも唯一高校生までの医療費がゼロ! こんな直島町で今年も濵中満町長と懇談して、ペナントも頂きました。6/1からは一路徳島へ向けての最終の高松市内行進です。行進の出発地点琴電円座駅は無人駅なのです。医療生協香東支部の公森さんが出発のあいさつ。

行進が始まると行進車の「訴え」に店から飛び出して来た散髪屋の女将さん、成合町では医療生協香東支部の方々3人が「一歩でも」のとおりに行進に合流しました。最終コムコム会館では冷たいジュースの「お接待」を頂きました。

(平和社保委員会  福井利夫(組合員))

01 02

地域包括ケアは、まちづくりでの多彩なネットワークが大切です。地域の中ではいろんな方々が「よりよい暮らし」づくりで活動しています。

【日本のうたごえ祭典in愛媛 香川県実行委員会5/29】

0601-1
今年11/11~13に松山で3000人規模で開催される企画で、200団体400人の実行委員会体制で取り組まれており、香川でも医療生協の組合員さんが多数参加した香川実行委員会(藤原理事長や放射線科の田所さんもよびかけ人)が結成されています。写真のような「うたごえ広場」を定期的に開きながら当日に向かい参加者を広げています

フレンドシップクラブ】5/28

0601-2
「認知症になっても安心して暮らせるまちづくり」に取り組もうと活動している全国組織で、西香川と東香川に事務局があり、今回、東香川事務局(守里会看護専門学校内)のキックオフイベントにお誘いをうけ参加しました。今後いろんな取組みでの相互交流を希望されました。

(組合員活動部長  奥谷啓一)