香川医療生協本部 〒760-0073 高松市栗林町1-3-24

11月26日(土)

 中西讃ブロックで11月26日土曜日、こんぴらさん紅葉ウォーキングが行われ21名が参加しました。集合場所で綾川の堀支部長が準備体操を行い出発。琴平支部が担当で案内人(渡辺さん)を先頭に、駐車場~裏参道(車道)から紅葉場所へ。(途中で、多羅葉の木を見つけ「葉書の木」の解説あり)

いろいろな紅葉の場所を案内して頂き…「紅葉の見所が多いな。」「裏から見る紅葉も何とも言えないね!」「こんぴらさんは香川一番の紅葉の名所だね。」「来年また来たいな。」「みんなで、至福のひと時を過ごせて良かった。」等の感想が聞かれました。みんなで楽しく健康づくり紅葉ウォーキングできとても良かったです。

余談:旭社の左側にある玉垣の中にある「土州 才谷屋○○○」は坂本龍馬の生家。本宮の天井の蒔絵、外の左側渡り廊下を潜った本宮の壁に松の大きな蒔絵。左側にある灯篭の下側に、市川団十郎など著名人の名前があり…時間があれば散策しながら見て歩くと楽しいです。

(組合員活動部 中西讃ブロック担当 西岡憲政)

01 02

(11月19日)

01
11/19(土) 市民連合かがわ主催で、東京慈恵医科大 小沢隆一・憲法学教授を迎えての講演会「戦争法廃止・9条改憲阻止の新局面と私たちの課題」の演題で、香川県社会福祉総合センターで開催されました。 

現行憲法と自民党憲法草案との対比でわかりやすい講義内容で講義が始まり、「憲法を、学び、活かし、守るという立場で」小沢教授の考えで、戦争法の概要と問題点についても、わかりやすく学ぶことができました。質問者もいっぱいで 制限するほどでした。憲法をどう生かし、「国家権力とは、国民の権利とは」について十分学習をすることができた講演会でした。

(組合員活動部 東讃ブロック担当 岸本大助)

(11月20日)

1122.JPG
 11月20日(日)午前11時から円座の食事処「ダイヤ」で香東支部の初めての「みんなの健康・手配り交流会」を行いました。参加者は19名で職員の手配りさんも参加しての楽しい交流会となりました。支部で初めて顔を合わす方もいて、近所の高齢者の方を見守っている組合員さんがいました。出資金も5千円と東北支援カンパも千5百円集まりました。

また、来年2月15日に上演する前進座「怒る富士」の交通手段をどうするか、琴電円座駅にタクシーで乗り合わせ集合し、みんなで三木町まで行こうと相談しました。

高松西ブロックでは手配り交流会をしているところが、まだ4支部と少なく、すべての支部でこのような交流会ができると新しい発見と、組合員さんの結びつきがもっと強くなっていくと思います。

(組合員活動部 高松西ブロック担当 岡田元彰)

(11月7日付け)

 民医連新聞11月7日号に看護介護活動研究交流集会・新潟で、ヘルパーステーションみき所長さんの「生活習慣病の利用者さんと共に行う食生活の改善によって、生活援助の大切さを明らかにする」が掲載されています。ヘルパーさんの食の改善と調理によりHba1cの値が下がった事例等、塩分に気を付けるヘルパーさんの努力を、事業所の皆で共有できる取材がありました。これをビデオ化して、組合員さんにもお伝えしたいと考えています。

(組合員活動部 東讃ブロック担当 岸本大助)

11211121-2

 健康づくり委員会では、第三火曜日コープ三木店の特売日に合わせて、店舗の南入り口付近で定例健康チェックを開催しています。職員・組合員とも、各部署・支部運営委員さん交代で行っています。

 今月は、東讃ブロック健康づくり委員に加えて、平井支部、みき診療所の看護師、作業療法士、理事のフルメンバーで1時間余り健康チェックを行いました。合計32名の血圧測定と健康相談をしました。お疲れさまでした。

(組合員活動部 東讃ブロック担当 岸本大助)

0304

 11月9日ブロック会議で提案された、香川医療生協の五か年計画の学習会が開催されました。組合員さんからは、小豆島旅行のこけしのお菓子のお土産をいただきながら和やかに行われました。五か年計画は、総代会で提案されたものですが、じっくりと学ぶ機会がありませんでした。

 診療所体制も変化し、ブロック交流会、健康祭りも終了して、一段落したので秋の学習に取り組んでいます。事業所の話から始まり、これから地域包括ケアが推進される中で、「組合員ホールでミニデイサービスのようなたまり場ができたらいいね」など、ほほえましい意見がでました。
 

(組合員活動部 東讃ブロック担当 岸本大助)

0102

 11月5日(土)午前9時から讃岐国分寺史跡まつりが11月5日(土)の午前9時から国分寺史跡公園で開かれました。華やかな衣装を身にまとった子供達による天平行列が開催されました。天平行列は、仏教や大陸文化が花開き、国分寺が建立された奈良時代の様子を再現され、約1250年前の貴族の衣装「朝服」を来た学生達が会場内を練り歩き、大勢の来場者が見に来ていました。

 その会場の入り口付近で医療生協・国分寺支部が組合員7名、職員2名が参加しての血圧・体脂肪・握力・足趾力チェックを89名行いました。健康相談も平和病院から看護師さんが来ていただいていたので、一人で30分間もお話をする方もいました。署名数は社保33名、ヒバクシャ20名でした。
 

(組合員活動部 高松西ブロック担当 岡田元彰)

0203

01
 朝、前進座の嵐さんがおみえになりました。嵐さんは、山田洋二監督の『たそがれ清兵衛』必殺シリーズに出演され。紀伊国屋演劇賞個人賞を受賞。今回の2月15日の演目の前進座公演・新田次郎原作『怒る富士』において、文化芸術祭賞を受賞してます。

 今回2017年2月15日(水)13:30、18:00と、2回公演が、琴電学園通り前駅すぐの三木町文化交流プラザで行われるということで、個人サポーターに早速熱心な職員さんと組合員さんがサポーターに登録をしていただきました。

(組合員活動部 東讃ブロック担当 岸本大助)

当日は雨も上がり、みき診療所の駐車場で第3回東讃ブロック健康祭りが開催されました。今年のまつりの目標は、担い手探しと購買生協との交流の場です。今回はコープ三木店の店長さんを招いて平井支部の場所でバザーに協力していただきました。

そして、今度は11月5日にコープ三木店の祭り「南部エリア祭りinコープ三木」にみき診療所の健康チェックで参加することになりました。

ちなみに健康祭りの参加者は職員を除く組合員236名で、健康チェック28名とヒバクシャ、社保署名149筆でした。

(組合員活動部 東讃ブロック担当 岸本大助)

03

10月30日(日)は天気もよく、10時からのコープ歯科まるがめ健康まつりに500名が参加しました。3日前ら約3000枚のビラを地域で配布したこともあり500名を超える参加者が訪れました。あまり目立たなかった室内企画の歯科健診には半日で31人が受けました。大人31人子供15人内予約3人と少しですが成果が上がりました。

オープニングは婆沙羅太鼓の演奏です。10数年前に子育て中のグループの班会に親子で参加していた小学生が婆沙羅で大太鼓を担当しています。

今回は要員も少なく健康チェクを受ける人も少ないので、思い切って普段の健康チェクは止めて、話題の乳がんモデルよるセルフチェックだけにしました。60名ぐらいの方が参加して、ビラも用意して持って帰ってもらいました。女性だけでなく、男性も参加していました。フィナーレはもちろん南中学のよさこい踊りで閉め、最後まで多くの人でにぎわいました。

(組合員活動部 中西讃ブロック担当 関居京子)